新着情報

2019-11-25 15:22:00

保存食品などお譲りください

 紋別社協では、平成27年度より生活困窮者自立支援事業を開始し、これまでの相談件数はのべ500件となり、今も様々な相談が寄せられています。その中でも特に多い相談内容は、「失業してしまい収入がなく、食糧品を購入できない。」「病気を患い治療費が嵩み、生活が苦しい。」「ひきこもりの子供(孫)がいて、年金などで賄っている。」など、経済的理由の相談が大半を占めています。この様な相談者に対して当協議会では、今年8月末17名の市民の方から保存食品のご寄付をいただき、令和元年11月末までに、4名の方に食糧品を提供してまいりましたが、同様の相談が一定程度あり、備蓄品などに限りが出てきました。

 当協議会では、今年もこれから年末を迎えるにあたり、同様の相談が増えると予想しており、市民の皆さまにもご協力いただき、保存できる食糧品の備蓄数を増やしたいと考えております。受付している食糧をご確認いただき、ご寄付いただける方は、ご連絡いただけるか、当協議会までお持ちいただきますよう、お願い申し上げます。ご理解とご協力の程、よろしくお願いいたします。

受付している食糧

・賞味期限が2カ月以上の食糧品で保存可能な品。

・乾麺、インスタント食品、レトルト食品、缶詰、フリーズドライ食品。

・お米(必ず未開封の商品。農家から直接購入し、精米したお米は不可。)

※留意いただく内容

・賞味期限の記載のない食品は受付いたしません。

・賞味期限切れの食品や、包装が破損している食品は受付けいたしません。

・生鮮品、野菜などは除きます。

・在庫状況や、商品の状況によっては、受入れをお断りいたします。

・受付期間は12月27日(金)までです。

問合せ先

 紋別市生活自立支援サポートセンター(紋別社協内)

 紋別市幸町7丁目 はーとぴぁ21(さかき・もんまクリニックさん隣り)

 電 話 23-2350

 メール sien@mon-syakyo.com